コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オニキオプシス(英語表記)Onychiopsis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オニキオプシス
Onychiopsis

シダ類シダ目ゼンマイ科に属する絶滅植物。中生代ジュラ紀から白亜紀前期に栄えたシダ植物で,現生シダ類の一つであるオニキウムに似ていることからこの名前がつけられた。胞子嚢をつけていない葉を裸葉といい,その形は現生のタチシノブに似ているが,胞子嚢の形は今日のどのシダ類とも似ていない点で大きく異なる。日本ではこの時代の地層が広く分布する石川県などで見られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オニキオプシス【Onychiopsis】

オニカイオプシスとも読む。現生のタチシノブの外形によく似たシダ化石。1889年横山又次郎の命名。ジュラ紀中期から白亜紀前期にかけて生育し,日本でもジュラ紀後期~白亜紀前期の手取植物群,領石植物群から豊富に知られている。実葉の形は,タチシノブと異なり,またその詳細がよく知られていないため,現在もなおその分類上の位置は不明である。いままでに3種が知られている。【木村 達明】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android