コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オニヤドカリ Aniculus aniculus

世界大百科事典 第2版の解説

オニヤドカリ【Aniculus aniculus】

甲長5cmに達する甲殻綱オカヤドカリ科の大型ヤドカリ(イラスト)。日本近海では水深10~50mの岩礁に生息する代表的なヤドカリで,イセエビ用の底刺網によくかかるが,サンゴ礁では大潮の干潮時に波打ちぎわで採集することができる。本州ではほとんどサザエ,南方ではチョウセンサザエの貝殻に入っていることが多い。はさみ脚は円筒状で,左右相称。はさみ脚,歩脚とも長い剛毛で縁取られた環状の横筋が多数あるのが特徴的である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オニヤドカリ
おにやどかり / 鬼宿借
[学]Aniculus aniculus

節足動物門甲殻綱十脚目ヤドカリ科に属するヤドカリ。甲長5センチメートルに達する中形種。太平洋側では相模(さがみ)湾以南、日本海側では富山湾以南の浅海の岩礁にごく普通にみられ、南太平洋、インド洋まで広く分布する。本州各地では水深10~50メートルでエビ網によくかかるが、奄美(あまみ)大島以南では干潮時にサンゴ礁の低潮帯でみられる。サザエの殻に入ることがもっとも多いが、ボウシュウボラやカコボラなども利用し、南方ではチョウセンサザエの殻を利用する。はさみ脚(あし)は左右同大で、黄褐色の剛毛で縁どられた輪状の横筋(すじ)で取り巻かれている。第1、第2歩脚にも同様の輪状の横筋が多数ある。軟体部はイシダイ釣りの好餌(こうじ)とされる。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオニヤドカリの言及

【ヤドカリ(宿借)】より

…雑食性であるが動物質を好む。 日本近海のサンゴ礁にはスベスベサンゴヤドカリCalcinus laevimanus,コモンヤドカリDardanus megistos,浅海にはオニヤドカリAniculus aniculus,ヨコスジヤドカリD.arrosor,ソメンヤドカリD.pedunculatus,磯にはホンヤドカリPagurus geminus,イソヨコバサミClibanarius bimacratus,ヤマトホンヤドカリP.japonicus,干潟にはユビナガホンヤドカリP.dubiusが多い。 釣餌にされ,またオカヤドカリなどは子ども相手に夜店などで売られる。…

※「オニヤドカリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

オニヤドカリの関連キーワードホンドオニヤドカリ宿借り・寄居虫

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android