コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オベーチキン Valentin Vladimirovich Ovechkin

2件 の用語解説(オベーチキンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オベーチキン【Valentin Vladimirovich Ovechkin】

1904‐68
ソ連邦の作家。南ロシアタガンログ生れ。コムソモール細胞書記をふりだしに,農業コミューン(コムーナ)や党関係の仕事に従事,この体験をもとに現実を表現しようとするオーチェルク(記録文学)の方法を開拓。初期の《コルホーズ物語》(1935),《プラスコービヤ・マクシーモブナ》(1939)をはじめ,第2次大戦後の農村とコルホーズ生活を描いた《前線からの挨拶》(1945),オーチェルク文学の傑作といわれる連作《地区の日常》(1952‐56)等の作品がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オベーチキン
おべーちきん
Валентин Владимирович Овечкин Valentin Vladimirovich Ovechkin
(1904―1968)

ロシアの作家。ロストフ州タガンログ生まれ。同地の工業学校に学ぶ。1927年、処女短編『サベーリン』を地方新聞に発表、29年に入党。党活動のかたわら地方紙の通信員として文筆活動を行った。39年から雑誌『赤い処女地』に一連の中・短編を発表。第二次世界大戦中は従軍記者として活躍した。戦後の52年から56年にかけて『地区の日常』を発表。作者はこのオーチェルク(記録文学)のなかでコルホーズの生活にメスを入れ、それまでのソ連時代のロシア文学にみられなかった新鮮な感動を読者に与えた。党員でありながら、あえて党批判を行った誠実な作家であった。[木村 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オベーチキンの関連キーワードアクショーノフ落合ソ連プラウダソビエトロシアソ連邦ヨーロッパロシアロシア連邦労農ロシアロシアの恋人

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone