コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オベーチキン Valentin Vladimirovich Ovechkin

2件 の用語解説(オベーチキンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オベーチキン【Valentin Vladimirovich Ovechkin】

1904‐68
ソ連邦の作家。南ロシアタガンログ生れ。コムソモール細胞書記をふりだしに,農業コミューン(コムーナ)や党関係の仕事に従事,この体験をもとに現実を表現しようとするオーチェルク(記録文学)の方法を開拓。初期の《コルホーズ物語》(1935),《プラスコービヤ・マクシーモブナ》(1939)をはじめ,第2次大戦後の農村とコルホーズ生活を描いた《前線からの挨拶》(1945),オーチェルク文学の傑作といわれる連作《地区の日常》(1952‐56)等の作品がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オベーチキン
おべーちきん
Валентин Владимирович Овечкин Valentin Vladimirovich Ovechkin
(1904―1968)

ロシアの作家。ロストフ州タガンログ生まれ。同地の工業学校に学ぶ。1927年、処女短編『サベーリン』を地方新聞に発表、29年に入党。党活動のかたわら地方紙の通信員として文筆活動を行った。39年から雑誌『赤い処女地』に一連の中・短編を発表。第二次世界大戦中は従軍記者として活躍した。戦後の52年から56年にかけて『地区の日常』を発表。作者はこのオーチェルク(記録文学)のなかでコルホーズの生活にメスを入れ、それまでのソ連時代のロシア文学にみられなかった新鮮な感動を読者に与えた。党員でありながら、あえて党批判を行った誠実な作家であった。[木村 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オベーチキンの関連キーワード解析変成作用熱雲東欧演劇竹島(韓国名・独島)問題日露戦争日韓議定書白石葭江橘周太バードヒルゲンドルフ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone