コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オマーン湾 オマーンわんGulf of Oman

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オマーン湾
オマーンわん
Gulf of Oman

アラビア海北西部,アラビア半島オマーンイランの間にある湾で,ペルシア湾の入口となる。湾の幅はオマーンのハド岬と,イラン=パキスタン国境のガタル湾との間で約 320km。湾奥のホルムズ海峡でペルシア湾とつながる。湾岸沿いの港として,オマーンのマスカットマトラ,ハーブーラ,スハールと,イランのジャースク,チャーバハールがある。ペルシア湾岸諸国の石油の輸送通路として重要。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

オマーン湾【オマーンわん】

アラビア海北西の湾で,東西約550km,最大幅約300km。北西はホルムズ海峡でペルシア湾につづく。主要港はイラン側にバンダル・アッバース,ジャースク,オマーン側にマスカット,スールなどがある。
→関連項目マスカット

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オマーンわん【オマーン湾 Gulf of Oman】

ペルシア湾とアラビア海を隔てるほぼ三角形の海域で,北辺はイランとパキスタンの沿岸,東辺はアラビア海,南辺はオマーン沿岸にあたる。アラビア語でKhalīj ‘Umān。西端はホルムズ海峡を通じて,ペルシア湾に接続する。ホルムズ海峡を出るタンカーが次に通過する重要海域であり,オマーン政府が海上パトロールをしている。オマーンが古くからイランや南アジア方面との交流を深めることができたのも,この海域を通じてである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オマーン湾
おまーんわん
Dary-ye Oman

アラビア海の北西に連なる支湾。北はイランのマクラーンの海岸、南はアラビア半島のオマーンの海岸で画され、北西はホルムズ海峡を経てペルシア湾につながる。長さ約500キロメートル、幅約300キロメートル。イラン側にジャースク、チャーバール、オマーン側にマスカットなどの港がある。沿岸は酷暑で乾燥する。[末尾至行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオマーン湾の言及

【ペルシア湾】より

…現在,湾岸にはイランのほかにアラブ系のイラク,クウェート,バーレーン,カタル,アラブ首長国連邦の諸国がある。現代においてはホルムズ海峡を境に東側をオマーン湾,西側をペルシア湾と呼んで区別しているが,10世紀のアラブの地理学者マスウーディーによると,当時のペルシア湾はオマーン湾を含む海域と考えられていた。同時期の地理学者イスタフリー,イブン・ハウカルの場合,その範囲はさらにひろがって,アラビア海,インド洋までがその海域にいれられている。…

※「オマーン湾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オマーン湾の関連キーワードシースターン・バ・バルチスターン州トルーシャル・オマーンサルゴン[アッカド]バルーチスターンホールファカーンビールジャンドホールファカンアハダル山脈コショウダイアハダル山地マクラン地方フジャイラーザーヒダーンアフダル山地フジャイラシャルジャマスカトマトラーソハールカルバ