オメル・セイフェッティン(英語表記)Ömer Seyfettin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オメル・セイフェッティン
Ömer Seyfettin

[生]1884. ギョネン
[没]1920. イスタンブール
トルコの作家。軍人の息子で,士官学校卒業後,1910年まで陸軍将校をつとめた。退役後,サロニカの『若いペン』 Genç Kalemler誌の記者となったが,イタリアとの戦争で軍役に復帰。再び退役後は高校教師をつとめた。民衆の日常語を使って民話を素材とした大衆的な短編小説を書き,トルコにおける言文一致体の確立に大きな役割を果した。小説『爆弾』 Bomba (1938) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オメル・セイフェッティン
おめるせいふぇってぃん
mer Seyfettin
(1884―1920)

トルコの小説家。陸軍学校卒業。中尉で退官し、サロニカ(ギリシアのテッサロニキ)で発刊された雑誌『若いペン』の記者となる。バルカン戦争中、軍籍に復帰し、ギリシアで抑留生活を送った。1914年以後、イスタンブールで高校教師をしながら文学活動を続けた。風刺に富む軽妙な文体で、民衆口語を好んで用い、現代トルコ語の発展にも寄与した。代表作に『爆弾』(1938)などがある。[永田雄三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android