コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルツィ

2件 の用語解説(オルツィの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

オルツィ

英国の女性小説家。ハンガリーの男爵の娘で,ロンドンに渡って絵画を学ぶ。1895年に小説《紅はこべ》を発表以来,フランス革命期を舞台に英国人が活劇を演じる多くの冒険小説で好評を博した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オルツィ
おるつぃ
Baroness Emmuska Orczy
(1865―1947)

イギリスの女流作家。ハンガリー生まれ。フェリックス・オルツィ男爵の娘で、本名モンターギュ・バーストウ夫人。ブリュッセル、パリを経てイギリスに渡り、画家となる。1905年、革命下のフランスから貴族を次々脱出させるパーシィ・ブレイクニー卿(きょう)、実は「紅はこべ」の大活躍をスリルとサスペンスたっぷりに繰り広げた劇『紅はこべ』で大衆的人気を得た。同年に小説化されて、大人と子供の愛読書となった。ほかに『隅の老人』(1909)の連作もある。[神宮輝夫]
『『紅はこべ』(定松正訳・春陽堂少年少女文庫/西村孝次訳・創元推理文庫) ▽中田耕治訳『紅はこべ』(1977・筑摩書房) ▽深町真理子訳『隅の老人の事件簿』(創元推理文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オルツィの関連キーワードシェリーハンガリー語ブロンテミッチェルオーストリアハンガリー帝国男爵プスタJBプリーストリーハンガリー岩シューベルト:ハンガリー風のメロディ ロ短調/piano solo

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オルツィの関連情報