コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルビア オルビアOlbia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルビア
Olbia

古代サルマチア (サルマート ) の都市。黒海の北岸,ボリステネス川 (現ブグ川) とヒュパニス川 (現ドニエプル川) の河口近くにあった。前7世紀頃ミレトス人によって建設され,前6世紀に漁業とコムギの貿易港として栄えた。前3世紀以後衰え,一時復興したのち3世紀にアラン族に破壊された。

オルビア
Olbia

イタリア西部,サルジニア島北東部,サルジニア州サッサリ県の港町。チレニア海にのぞむオルビア湾奥に位置する。ギリシアの植民地として創建され,12世紀にピサの植民地として再建,1939年までテラノーバパウザニア Terranova Pausaniaと呼ばれた。フェニキア人ローマ人の墓跡がみられ,ロマネスク聖堂が残る。本土のチビタベッキア定期航路で結ばれ,空港もある。同島南部のカリアリと結ぶ鉄道起点で,同島への交通の拠点となっている。イワシ漁業,コルク加工が行われる。近年同島北東部のコスタズメラルダなどのリゾート開発によって急速に発展しつつある。人口4万 600 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

オルビアの関連情報