コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルビエト大聖堂 オルビエトだいせいどうDuomo Orvieto

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルビエト大聖堂
オルビエトだいせいどう
Duomo Orvieto

イタリア中部の町オルビエトにあるロマネスクとゴシックの混合様式の大聖堂。平面は三廊式バシリカ,その身廊の壁体は円柱に支えられている。ボルセナの奇跡を記念して A.カンビオにより 1285年に起工されたと思われる。 1319年に完成。ただし工事は 10年以後マイターニに引継がれ,ファサード上部や内部装飾は 16世紀まで続く。大聖堂内部のコルポラーレ礼拝堂には,ウゴリーノ・ディ・ビエリが 30年に制作したエマイユやレリーフで装飾された銀製の聖体遺物箱があり,またサン・ブリツィオ礼拝堂の天井および壁面は,アンジェリコの壁画やシニョレリの『最後の審判』のフレスコ画などで飾られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オルビエトだいせいどう【オルビエト大聖堂 Duomo,Orvieto】

イタリアのオルビエトにある,イタリア・ゴシック様式を代表する大聖堂。13世紀末に着工し,幾多の建築家の手を経て17世紀に完成。半円形に突出した礼拝堂列をもつ矩形3廊式の会堂として計画されたが,補強の必要から内陣部に扶壁(バットレス)を設けて,14~15世紀に翼廊付きの現状へ改修し,ラテン十字形のプランとなった。ファサードを除く内外壁と内部列柱は石灰岩(白色)と玄武岩(暗灰色)の縞模様で表装され,シエナやフィレンツェの大聖堂と共通した意匠を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のオルビエト大聖堂の言及

【シニョレリ】より

…ピエロ・デラ・フランチェスカが師匠と考えられているが,最初のサインのある《キリスト鞭打ち》と《聖母子》では誇張した筋肉描写と暗褐色の使用がすでにみられ,ポライウオロの画風に近づいている。代表作はオルビエト大聖堂のサン・ブリツィオ礼拝堂の壁画連作で,1499年に依頼され,世界の終末,キリストの敵の到来と滅亡,および最後の審判を,鮮烈なリアリズムにより描き出している。人物の短縮法,その緊張したポーズ,暗いが力強い生気あふれる表現に特色があり,ミケランジェロの先駆を思わせる。…

※「オルビエト大聖堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オルビエト大聖堂の関連キーワードデジデリオ・ダ・セッティニャーノオルカーニャモーキ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android