コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルレアン王党派(読み)オルレアンおうとうは(英語表記)Orléanistes

世界大百科事典 第2版の解説

オルレアンおうとうは【オルレアン王党派 Orléanistes】

オルレアン家によるフランスの王位を要求する政治党派で,フランス革命初期に形成され,19世紀末まで存続した。フランス革命期にオルレアン公フィリップ・エガリテ(ルイ16世の従弟)は,革命を支持し立憲君主制の立場をとったが,これがオルレアン王党派の基本綱領となった。オルレアン王党派は王政復古期には自由主義的反対派として政府と対立し,1830年の七月革命によって政権の座についた。七月王政は,オルレアン公ルイ・フィリップ(先のオルレアン公の子)を国王とし,大商人,自由主義的大貴族,法律家,ナポレオン帝政期の貴族,大学教授などの名士に支持基盤をおいていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android