コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーセン オーセン Aasen, Ivar Andreas

2件 の用語解説(オーセンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーセン
オーセン
Aasen, Ivar Andreas

[生]1813.8.5. スンメーレ
[没]1896.9.23. クリスチャニア(現オスロ)
ノルウェーの言語学者,詩人。 19世紀初頭の民族精神の勃興期に際して,従来用いられていたデンマーク語を排してノルウェー独自の国語をつくりだすべく,民間に残る古代ノルウェー語系統の方言を収集整理,いわゆるランスモール (→ニューノルスク ) 創成に大きな功績をあげた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オーセン
おーせん
Ivar Andreas Aasen
(1813―1896)

ノルウェーの言語学者。古い文化の伝統に富む南メレ県に生まれる。父の農場の仕事に追われて独学。18歳で国民学校の教師になってから各地を旅行し、ことに地方文化と方言の研究に心を傾けた。当時ノルウェーは久しいデンマークの支配から脱して自治権を得、それが独立運動に盛り上がりつつある時期で、アスビョルンセンらは民話収集に努めたが、オーセンは民衆の間に伝わる光輝ある古いノルウェー語の復活に意を用い、当時の官用語だったデンマーク語とは別に、独立した祖国にふさわしい文学語を創成すべく努力した。『ノルウェー民衆語文法』(1848)、『ノルウェー語辞典』(1856)などはその成果で、それがいわゆるランスモール(いまは新ノルウェー語ともよばれる)創成となり、多くの詩人や作家にも用いられて大きな勢力となった。彼自身も少数ながら格調高い詩や散文を書き、民話の収集もある。[山室 静]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オーセンの関連キーワードオーレスンワンメークレースアンメーターグリーンメーラーメースンメーンメモリータウンメールワンメーターレインメーカーギンメル,N.N.

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オーセンの関連情報