コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーセン オーセンAasen, Ivar Andreas

2件 の用語解説(オーセンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーセン
オーセン
Aasen, Ivar Andreas

[生]1813.8.5. スンメーレ
[没]1896.9.23. クリスチャニア(現オスロ)
ノルウェーの言語学者,詩人。 19世紀初頭の民族精神の勃興期に際して,従来用いられていたデンマーク語を排してノルウェー独自の国語をつくりだすべく,民間に残る古代ノルウェー語系統の方言を収集整理,いわゆるランスモール (→ニューノルスク ) 創成に大きな功績をあげた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オーセン
おーせん
Ivar Andreas Aasen
(1813―1896)

ノルウェーの言語学者。古い文化の伝統に富む南メレ県に生まれる。父の農場の仕事に追われて独学。18歳で国民学校の教師になってから各地を旅行し、ことに地方文化と方言の研究に心を傾けた。当時ノルウェーは久しいデンマークの支配から脱して自治権を得、それが独立運動に盛り上がりつつある時期で、アスビョルンセンらは民話収集に努めたが、オーセンは民衆の間に伝わる光輝ある古いノルウェー語の復活に意を用い、当時の官用語だったデンマーク語とは別に、独立した祖国にふさわしい文学語を創成すべく努力した。『ノルウェー民衆語文法』(1848)、『ノルウェー語辞典』(1856)などはその成果で、それがいわゆるランスモール(いまは新ノルウェー語ともよばれる)創成となり、多くの詩人や作家にも用いられて大きな勢力となった。彼自身も少数ながら格調高い詩や散文を書き、民話の収集もある。[山室 静]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オーセンの関連キーワードペグマタイトドゥーフ運営費交付金川尻浦の久蔵名古屋港蒲生君平浮世床浮世風呂蒲生君平ギニー

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オーセンの関連情報