オープン懸賞(読み)オープンけんしょう

百科事典マイペディア「オープン懸賞」の解説

オープン懸賞【オープンけんしょう】

商品購入者等に限定せずに全ての応募者を対象として行う懸賞。商品購入を応募条件とするクローズド懸賞の対語。広く消費者の関心を引きつけるため,マーケティング手段として頻繁に利用される。1996年公正取引委員会が改正を行い,一般業種オープン懸賞の提供金品の上限を100万円から1000万円に引き上げた。
→関連項目懸賞

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

流通用語辞典「オープン懸賞」の解説

オープン懸賞

販売促進手段の一つ。商品を購入しなくても誰もが応募できる懸賞のこと。テレビや新聞など、マス媒体を使用する場合が多く、新製品発売のPR、あるいは周年記念といった大型催事に使われる。この場合、景品が過大になるのを防止するため、「独占禁止法」の特殊指定により、景品1件当たりの最高限度額が設定されている。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「オープン懸賞」の解説

オープン‐けんしょう〔‐ケンシヤウ〕【オープン懸賞】

商品の購入などの条件なしに、誰でも応募することができる懸賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android