オーレオマイシン(英語表記)Aureomycin

翻訳|Aureomycin

大辞林 第三版の解説

オーレオマイシン【aureomycin】

抗生物質クロルテトラサイクリンの商標名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

オーレオマイシン

(Aureomycin) 抗生物質の一つ。クロルテトラサイクリンの商標名。黄色の結晶で、水に溶けにくく、苦味がある。トラコーマ、第四性病などのウイルス、発疹熱、発疹チフス、恙虫(つつがむし)病などのリケッチア、百日咳や梅毒などに有効。
※随筆寄席第二集(1954)〈辰野・林・徳川〉「お嫁さんの身体が弱っちゃっているものだから、ストレイプトマイシンだの、オーレオマイシンだのペニシリンを打った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のオーレオマイシンの言及

【抗生物質】より

…工業的に完全合成されるようになったはじめての抗生物質である。(4)テトラサイクリン類 クロルテトラサイクリン(商品名オーレオマイシン),オキシテトラサイクリン(商品名テラマイシン)が代表的なもので,グラム陽性菌および陰性菌に広範囲の抗菌スペクトルを示し,臨床的に広く使われている。通常,内服で用いられるが,静脈注射,外用もある。…

【武田薬品工業[株]】より

…第2次大戦後は50年に総合ビタミン剤パンビタンを,54年には活性持続型ビタミン製剤アリナミンを発売した。一方,アメリカン・サイアナミッド社との合弁で1953年設立した日本レダリー(株)は54年から抗生物質オーレオマイシンを発売した。これはパンビタン,アリナミンとともに戦後の同社発展に多大の貢献をなした。…

【テトラサイクリン】より

…広範囲の細菌に対して抗菌力を示す。1948年ダガーB.M.Duggerらによって発見されたオーレオマイシンaureomycinと,50年にフィンレーA.C.Finlayらによって報告されたテラマイシンterramycinとが環状構造が四つ並んだ共通の化学構造をもつことが明らかになり,共通の母核にテトラサイクリンの名が与えられた。オーレオマイシンは商品名となり,一般名はクロルテトラサイクリンとされ,テラマイシンも同様で一般名はオキシテトラサイクリンと呼ばれるようになった。…

※「オーレオマイシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android