コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恙虫 ツツガムシ

デジタル大辞泉の解説

つつが‐むし【×恙虫】

ダニ目ツツガムシ科のケダニの総称。成虫は体長1~2ミリ、体表に多数の毛が生えている。幼虫は野ネズミに寄生し、時に人間を吸血して恙虫病を媒介する。アカツツガムシ・タテツツガムシなどがある。ようちゅう。

よう‐ちゅう〔ヤウ‐〕【×恙虫】

つつがむし

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つつがむし【恙虫】

ダニ目ツツガムシ科とその近縁の節足動物の総称。体長は成虫で0.2~1ミリメートル。卵形または瓢簞ひようたん形で、歩脚は三対。幼虫は野ネズミなどに寄生し、恙虫病を媒介する。全世界に広く分布。特に、新潟・秋田・山形県下の河川の中・下流域沿岸にすむアカツツガムシ(アカムシ)が知られる。ようちゅう。

ようちゅう【恙虫】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone