コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恙虫 ツツガムシ

大辞林 第三版の解説

つつがむし【恙虫】

ダニ目ツツガムシ科とその近縁の節足動物の総称。体長は成虫で0.2~1ミリメートル。卵形または瓢簞ひようたん形で、歩脚は三対。幼虫は野ネズミなどに寄生し、恙虫病を媒介する。全世界に広く分布。特に、新潟・秋田・山形県下の河川の中・下流域沿岸にすむアカツツガムシ(アカムシ)が知られる。ようちゅう。

ようちゅう【恙虫】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

恙虫 (ツツガムシ)

動物。ツツガムシ科とレーウェンフェク科の昆虫の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

恙虫の関連キーワードワイル=フェリックス反応野口英世記念医学賞三田村 篤志郎羽鳥 重郎届出伝染病リケッチア緒方 規雄緒方 正規伊藤 泰一佐藤 清川村麟也節足動物長与又郎田宮猛雄羽鳥重郎林 直助アカムシ緒方規雄ベルツ風土病

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

恙虫の関連情報