コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーレスン オーレスン Ålesund

3件 の用語解説(オーレスンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーレスン
オーレスン
Ålesund

ノルウェー西部,メーレオロムスダール県の港湾・観光都市ベルゲン北方約 240km,ノルウェー海沿岸の小島に位置する。9世紀頃建設され,1848年に都市権を獲得。 1904年の大火で全焼したのち,家並みはすべて石造とされた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オーレスン(Ålesund)

ノルウェー西部の港湾都市。三つの島からなり、橋やトンネル結ばれる。漁業が盛ん。1904年に大火に見舞われており、復興当時に流行したアールヌーボー様式の建造物が数多く残る。ガイランゲルフィヨルドの観光拠点としても知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オーレスン
おーれすん
lesund

ノルウェー西部の都市。フィヨルド海岸の北緯62度30分に位置するネーアウ、ヘイッサなどの小島に発達したスンメーレ地方の中心都市である。人口3万9455(2002)。本土とは橋で結ばれ、首都オスロへはヨーロッパ幹線道路により直接通じている。ニシン・タラ漁業の中心地であるとともに、アザラシ漁業の基地でもあって、ノルウェーでもっとも繁栄する漁港の一つである。水産加工、造船、家具の工場がある。[竹内清文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オーレスンの関連キーワードノルウェーベルゲンイェータ広場トロムソブリゲンリーセフィヨルドノルゲノルウェー室内管弦楽団ノルウェー放送管弦楽団ホーコン[7世]

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オーレスンの関連情報