カイコガ(英語表記)Bombyx mori; silkworm moth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイコガ
Bombyx mori; silkworm moth

鱗翅目カイコガ科。開張 30~45mmで体のわりに翅が小さく,飛ぶことができない。前翅端は鉤状に突出する。体翅とも白ないし淡黄色で,触角は褐色,複眼は通常黒色である。幼虫をカイコという。クワゴという野生種から改良されたものと考えられ,からをとるために多くの品種が飼育されている。日本には古く中国から輸入された。インドやヨーロッパでも飼育されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のカイコガの言及

【カイコ(蚕)】より

…カイコは正しくはカイコガと呼ばれ,鱗翅(りんし)目カイコガ科に属する昆虫で,その繭から絹糸をとるため古くから中国や日本などで飼育されてきた。
[カイコの祖先]
 カイコに最も近縁な昆虫としては,クワ畑に野生しているクワゴBombyx mandarinaがある。…

※「カイコガ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カイコガの関連情報