コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイユテ カイユテ Cailletet, Louis Paul

3件 の用語解説(カイユテの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイユテ
カイユテ
Cailletet, Louis Paul

[生]1832.9.21. セーヌ河畔,シャティヨン
[没]1913.1.5. セーヌ河畔,シャティヨン
フランス物理学者,工学者。鉄工場主。 1870年以来気体の性質に関心をもち,77年,R.P.ピクテとほぼ同時に断熱膨張によって酸素,窒素,空気の液化に成功した (→気体の液化 ) 。ほかに熱学の研究があり,圧力計や高度計も考案した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

カイユテ【Louis Paul Cailletet】

1832~1913) フランスの物理学者・工業家。酸素および窒素ガスの液化に成功。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カイユテ
かいゆて
Louis Paul Cailletet
(1832―1913)

フランスの物理学者、大鉄工場主。パリの鉱山学校に学び、物理学上の諸実験、気体の拡散、圧縮などについて研究した。1877年、断熱膨張による気体の温度降下を利用して、それまで永久気体とみなされていた酸素、窒素ガスの液化に成功した。1886年マティアスmile O. J. Mathias(1861―1942)とともに、平衡状態において共存している液体および蒸気の密度に関する実験を行い、液体とその飽和蒸気の密度の平均が温度の上昇とともに直線的に変化することをみいだした(カイユテ‐マティアスの法則)。[常盤野和男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カイユテの関連キーワードセーヌ川河畔アクセーヌウマタセーヌショコラセーヌ《セゾン》エルセーヌカードセーヌ湾の反乱ラ・セーヌの星セーヌ湾パリのセーヌ河岸

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone