カイユテ(英語表記)Cailletet, Louis Paul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイユテ
Cailletet, Louis Paul

[生]1832.9.21. セーヌ河畔,シャティヨン
[没]1913.1.5. セーヌ河畔,シャティヨン
フランスの物理学者,工学者。鉄工場主。 1870年以来気体の性質に関心をもち,77年,R.P.ピクテとほぼ同時に断熱膨張によって酸素,窒素,空気の液化に成功した (→気体の液化 ) 。ほかに熱学の研究があり,圧力計や高度計も考案した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

カイユテ【Louis Paul Cailletet】

1832~1913) フランスの物理学者・工業家。酸素および窒素ガスの液化に成功。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カイユテ
かいゆて
Louis Paul Cailletet
(1832―1913)

フランスの物理学者、大鉄工場主。パリの鉱山学校に学び、物理学上の諸実験、気体の拡散、圧縮などについて研究した。1877年、断熱膨張による気体の温度降下を利用して、それまで永久気体とみなされていた酸素窒素ガス液化成功した。1886年マティアスmile O. J. Mathias(1861―1942)とともに、平衡状態において共存している液体および蒸気の密度に関する実験を行い、液体とその飽和蒸気の密度の平均が温度の上昇とともに直線的に変化することをみいだした(カイユテ‐マティアスの法則)。[常盤野和男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android