コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱学 ねつがくthermal science

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱学
ねつがく
thermal science

熱に関する現象を論じる物理学部門。熱の移動 (伝導対流,放射) ,物質の状態変化 (液化気化など) ,熱と他のエネルギーとの相互転換,熱膨張,温度変化に伴う物性の変化などの熱現象を扱う。これらを巨視的立場で論じる熱力学,微視的立場で論じる分子運動論,これを発展させた統計力学がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ねつ‐がく【熱学】

熱現象を研究対象とする物理学および化学の一部門。熱力学統計力学・分子運動論を総称していう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

熱学【ねつがく】

広義には熱現象に関する物理学的研究全体をいい,熱膨張・状態変化・熱伝導・対流・熱放射など現象論的な部門と,熱力学・気体運動論・統計力学など基礎理論の部門を含むが,狭義には前者のみをさす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ねつがく【熱学 theory of heat】

熱が関与するいろいろな現象を扱う物理学,化学などの領域を総称して熱学という。物質の熱的性質,状態変化,熱機関,熱放射,熱伝導などはすべて熱学の対象である。19世紀には熱学というまとめ方に意義があったが,現在では,この名称はあまり使われず,熱力学,統計力学,あるいは化学熱力学などといった理論体系の明らかな呼び方をする。【恒藤 敏彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ねつがく【熱学】

熱の移動、それに伴う物質の状態変化および化学変化、熱と他の種類のエネルギーとの相互変換など、熱に関係する現象を対象とする物理学・化学の一部門。熱力学・統計力学をその基礎として含む。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熱学
ねつがく
theory of heat

熱および物体の熱的性質を研究する学問。熱伝導、熱膨張、反応熱、熱機関など熱に関連した現象や装置は、物理学、化学、生物学、工学において多種多様な形で現れる。その研究を目的とするのが熱学であるが、内容を大別すると、熱力学、気体分子運動論、統計力学の三つに分類される。
 熱力学は19世紀なかばから後半にかけて完成されたが、その基本的な思想は、物質の微視的詳細に立ち入らず、むしろ巨視的性質に注目し熱力学関数の間の関係を導こうとするものである。すなわち、熱力学は現象論という立場に立脚している。熱力学は実験結果と矛盾することはないが、熱力学関数を原子、分子といった微視的観点から求める手段を提供しない。この点に不満をもった物理学者は、19世紀なかばころから、分子の立場で熱学を構築していった。とくにマクスウェルは1859年、気体分子の運動が乱雑である点に着目し、分子の速度分布を与える一つの法則を導いた。さらに、この気体分子運動論はボルツマン、ギブスなどにより一般化され、今日、統計力学とよばれる一分野が完成した。統計力学は熱力学の基礎づけと同時に、微視的な立場から熱力学関数を求めるための具体的な原理を与える。統計力学は、量子力学と並んで、現代の物性物理学(物性論)を支える大きな支柱となっている。[阿部龍蔵]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

熱学の関連キーワードカルノー(Nicolas Léonard Sadi Carnot)ブラック(Joseph Black)熱(物体の温度変化)大分県別府市野口原キャベンディッシュ高砂熱学工業日本伝熱学会クラペイロンクラウジウスエントロピーマッハの原理気海観瀾広義火山観測所抜山 四郎別府温泉郷アボガドロベリドールキルヒホフ地球物理学真島 正市

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熱学の関連情報