コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイヨワ Roger Caillois

大辞林 第三版の解説

カイヨワ【Roger Caillois】

1913~1978) フランスの社会学者。バタイユとレリスとともに社会学研究会を組織し、特に遊びと聖性の社会学で有名。著「人間と聖なるもの」「遊びと人間」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイヨワ

カイヨア」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カイヨワ
かいよわ
Roger Caillois
(1913―1978)

フランスの哲学者、批評家。エコール・ノルマル・シュペリュール(高等師範学校)卒業後、バタイユ、クロソフスキーPierre Klossowski(1905―2001)らと「社会学研究会」を組織し、実践的で先鋭的な批評活動を展開する。主要著書に『人間と聖なるもの』(1939)、『バベル』(1948)、『遊びと人間』(1958)、『石』(1966)、『反対称』(1973)、『蛸(たこ)』(1973)、『詩へのアプローチ』(1978)などがある。彼の著作の魅力はなによりもその世界の広大さであり、問題を追って、文学、社会学、民俗学という近接の領域だけでなく、昆虫学、物理学、鉱物学というようなもっとも離れた分野にまで立ち入ることを恐れない。たとえば石の美の分析は、素粒子から人間の想像に至るさまざまな対称性の考察に向かい、反対称、すなわち対称破壊のなかに負のエントロピーを探る試みに発展する。自らの実践成果を背景に、新しい学問研究の方法、超学際的な「対角線の科学」を提唱した。アカデミー会員。[塚幹夫]
『岡谷公二訳『石が書く』(1975・新潮社) ▽塚幹夫訳『蛸――想像の世界を支配する論理をさぐる』(1975・中央公論社) ▽塚幹夫訳『反対称――右と左の弁証法』(1976/新装版・1991・思索社) ▽多田道太郎・塚幹夫訳『遊びと人間』(講談社文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カイヨワの関連キーワードバタイユ(Georges Bataille)カイオワ(フランスの哲学者、批評家)自然模倣説ミミクリーレジャー3月3日物真似遊戯タコ釣り

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カイヨワの関連情報