コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイヨワ カイヨワ Roger Caillois

4件 の用語解説(カイヨワの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カイヨワ(Roger Caillois)

[1913~1978]フランスの社会学者。バタイユやレリスとともに社会学研究会を組織。代表作は、遊びを研究した「遊びと人間」のほか、「人間と聖なるもの」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

カイヨワ【Roger Caillois】

1913~1978) フランスの社会学者。バタイユとレリスとともに社会学研究会を組織し、特に遊びと聖性の社会学で有名。著「人間と聖なるもの」「遊びと人間」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイヨワ
カイヨワ

カイヨア」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カイヨワ
かいよわ
Roger Caillois
(1913―1978)

フランスの哲学者、批評家。エコール・ノルマル・シュペリュール(高等師範学校)卒業後、バタイユクロソフスキーPierre Klossowski(1905―2001)らと「社会学研究会」を組織し、実践的で先鋭的な批評活動を展開する。主要著書に『人間と聖なるもの』(1939)、『バベル』(1948)、『遊びと人間』(1958)、『石』(1966)、『反対称』(1973)、『蛸(たこ)』(1973)、『詩へのアプローチ』(1978)などがある。彼の著作の魅力はなによりもその世界の広大さであり、問題を追って、文学、社会学、民俗学という近接の領域だけでなく、昆虫学、物理学、鉱物学というようなもっとも離れた分野にまで立ち入ることを恐れない。たとえば石の美の分析は、素粒子から人間の想像に至るさまざまな対称性の考察に向かい、反対称、すなわち対称破壊のなかに負のエントロピーを探る試みに発展する。自らの実践成果を背景に、新しい学問研究の方法、超学際的な「対角線の科学」を提唱した。アカデミー会員。[塚幹夫]
『岡谷公二訳『石が書く』(1975・新潮社) ▽塚幹夫訳『蛸――想像の世界を支配する論理をさぐる』(1975・中央公論社) ▽塚幹夫訳『反対称――右と左の弁証法』(1976/新装版・1991・思索社) ▽多田道太郎・塚幹夫訳『遊びと人間』(講談社文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カイヨワの関連キーワード大畑弘国パウルス六世ゲイトウエイ夢の蛇エイント・ミスビヘイヴン園田芳竜田中治助デ=レーケ西岡楢二郎松浦栄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カイヨワの関連情報