コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カエディ Kaédi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カエディ
Kaédi

モーリタニア南部,ゴルゴル行政地区の行政庁所在地。セネガル川とゴルゴル川の合流点に近く,セネガル川の右岸に位置する。季節的な氾濫のため農耕が可能で,同国でいちばん人口が密集する。北部の地方に比べて降雨も多く,コブウシヒツジ,ヤギが飼育され,毛皮やなめし皮が輸出される。国内空港がある。人口3万 515 (1988推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カエディ(Kaédi)

モーリタニア南部の都市。セネガル川沿いに位置し、対岸のセネガルとの国境に近い。肥沃な穀倉地帯の中心地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

カエディ

モーリタニアの南西部の町。セネガル川の右岸,ゴルゴル川との合流点に位置し,セネガル川を隔てて隣国のセネガルと対する。これらの河川と北部地域より多い降雨のため,稠密な人口を維持している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

カエディの関連キーワードモーリタニア