コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カシュガル・ホージャ家 カシュガル・ホージャけ Kashgar Khwāja

1件 の用語解説(カシュガル・ホージャ家の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カシュガル・ホージャ家
カシュガル・ホージャけ
Kashgar Khwāja

カシュガル・ハン国で権勢をふるったイスラム教指導者の血統。イスラム神秘主義教団の一派ナクシバンディー教団に属するマフドゥム・アゼムをその始祖とする。カシュガル・ハン家の歴代ハンや各地の住民の尊崇を集めて国内に勢力を拡大し,やがてハン位を左右するにいたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カシュガル・ホージャ家の関連キーワード喀什噶爾カシュガルハン国チャガタイハン国ツイストルックシュガシュガルーン進々堂世界一周/追憶のカシュガルカシュガル議定書カシュガル・ハーン国カシュガル・ホジャ家カシュガル・ルバーブ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone