コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスナナン王宮 カスナナンオウキュウ

デジタル大辞泉の解説

カスナナン‐おうきゅう〔‐ワウキユウ〕【カスナナン王宮】

Kraton Kasunanan》インドネシア、ジャワ島中部の都市スラカルタ(ソロ)にある王宮。18世紀半ばに、マタラム王国の流れをくむパクブオノ2世が同地に遷都して建造された。コロニアル様式とジャワの伝統建築を組み合わせた外観をもつ。王族のくらしや宮廷文化を紹介する博物館がある。スラカルタ王宮

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

カスナナンおうきゅう【カスナナン王宮】

インドネシアのジャワ島ソロ(スラカルタ)にある王宮跡。パクブウォノ2世が1745年に、カルトスロからこの地に遷都(せんと)した際に建造された王宮で、ジャワの伝統建築にヨーロッパの装飾が取り入れられた壮麗なものになっている。この王宮には、王家の財宝や馬車、武具を展示する博物館が併設されている。◇正式名称は「Kraton Kasunanan」。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

カスナナン王宮の関連キーワードカスナナン王宮造陸玄武岩ジョクジャカルタ王宮アフリカ東南アジア芸能