コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カソーナ カソーナ Casona, Alejandro

2件 の用語解説(カソーナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カソーナ
カソーナ
Casona, Alejandro

[生]1903.3.23. アストゥリアス,ベスーリョ
[没]1965.9.17. マドリード
スペインの劇作家。ムルシア大学で文学を学んだのち,高等師範学校を出て教師になった。共和制成立から内乱にいたるまで (1931~36) ,「国民劇団」を率いて古典演劇の大衆化に努め,みずからも『陸にあがった人魚』 La sirena varada (34,ロペ・デ・ベガ賞) で劇作家として出発,心理や概念の人格化によって現実と非現実の相互作用を幻想的に描く多くの作品で,スペイン演劇の蘇生に大きな役割を果した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カソーナ
かそーな
Alejandro Casona
(1903―1965)

スペインの劇作家。アストゥリアス県ベスーリョ出身。小学校教師をしながら児童劇団を結成して脚本を担当、また当時の政府の援助による移動劇団を率いて地方巡業にも出た。『陸(おか)にあがった人魚』(1934)の成功を契機に劇作家の道に入るが、内戦でフランスに亡命。中南米諸国を経て、晩年の帰国までおもにアルゼンチンで作家活動を続けた。作品の基調は現実と非現実の巧みな調和にあり、代表作『暁に来る女』(1944)は死を主題にした詩情豊かな作品。ほかに『漁夫なき漁船』(1945)、『立ち枯れ』(1949)など。マドリードで没。[菅 愛子]
『J・ナバッロ訳『漁夫なき漁船』(1966・桂書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カソーナの関連キーワードアストゥリアス王国ペラヨサンフリアンデロスプラドス教会とぅりばアルフォンソ[1世]アルフォンソ[3世]アストゥリアス革命アストゥリアス皇太子アストゥリアナーダレオン・アストゥリアス王国

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone