人魚(読み)にんぎょ(英語表記)mermaid; merman

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人魚
にんぎょ
mermaid; merman

上半身が人間,下半身は魚の姿をとる伝説上の生物。海牛の1種ジュゴンがその原型といわれる。伝説上の発祥はフェニキアのデゼルト,アタルガティスバビロニアエアオアンネスなど古代オリエントの半人半魚の水神に求められる。ギリシア神話でもトリトンサイレンなど人魚形の水神が登場する。その伝説は世界に広く分布し,女体として描かれることが多い。西洋では髪の長い美人の形をとるものが普通で,ライン川を下る船を惑わし沈めるローレライの話は有名。東洋では中国の『洽聞記 (こうもんき) 』『山海経』などに,同様な美しい女体として現れており,日本でも『和名抄』『古今著聞集』『扶桑略記』などに上半身は女体,下半身は魚の形で描かれている。また日本では,人魚を延寿の霊肉をもつものとする考え方もあり,これを食べたため 800年の齢を得たとする『八百比丘尼』の話もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

人魚【にんぎょ】

上半身が人間,下半身が魚で,川や海にすむ空想上の動物。女性として表象されることが多く,英語ではマーメイド(〈海の乙女〉の意)。緑または金色の長い髪をした美女で,その歌声に魅せられて船が難破するなどと伝えられ,このような誘惑者としての性格は,ギリシア神話のセイレンから世紀末芸術における〈宿命の女(ファム・ファタル)〉としての人魚まで受け継がれている。異類婚姻譚も豊富で,ウンディーネオンディーヌ),メリュジーヌ伝説からアンデルセンの《人魚姫》に及ぶ。その肉が不老長寿の効能をもつとの俗信もあり,日本でも若狭の八百比丘尼(はっぴゃくびくに)伝説は有名。ダガントリトンなど人面魚身の神,〈海の修道士〉〈海の司教〉など男性の人魚(英語でマーマン)も知られている。ジュゴン,アシカ,アザラシなど海獣との交渉が伝承の基礎にあると思われる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

人魚 にんぎょ

伝承上の妖怪。
人面魚身。ふるい伝承では雌雄の区別がつかないが,なかには美女とするものもある。その出現は吉兆,凶兆いずれともされ,若狭(わかさ)(福井県)の「八百比丘尼」の伝説ではその肉をたべると長寿をえられるとする。「日本書紀」「古今著聞集」「和漢三才図会」などに記述がみられる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

にんぎょ【人魚】

人間と魚の中間の形態をもつ架空の動物。多くは上半身が人間で下半身が魚であるが,地域と時代によっては逆転することもある。一般に,人魚の正体をジュゴンとするのは,《本草綱目》などの注釈による見解にすぎず,世界各地の人魚伝説を包括するものではない。近世以降では完全に架空の動物だが,それ以前は実在の海獣などに強く結びついており,むしろ身近な生きものと考えられていたようだ。 神話の段階から半人半魚の神々が存在した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にんぎょ【人魚】

上半身が人間(多くは女)で、下半身が魚であるという想像上の動物。マーメード。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人魚
にんぎょ

上半身が人間で、下半身が魚の形をした空想上の動物。世界の海洋国民の間に知られていて、さまざまな伝説が付加されている。イギリスではマーメイド(女性)mermaid、マーマン(男性)mermanと男女別の呼び名をもっている。海の乙女、海の男といった意味である。フランスではシレーヌ、イタリアではシレーナとよばれ、いずれもギリシア神話のセイレンSeiren(上半身人間、下半身鳥の怪物)からきたものという。アンデルセンの童話などでも有名なヨーロッパの人魚は、一般に美人で長い髪をなびかせ、月夜に川や海辺に姿を現し、美しい声で歌をうたう。それに魅せられた船乗りや船が近づくと、水中に引き込まれたり船を沈められたりするという。中国の『山海経(せんがいきょう)』という書物に、人魚は形はナマズに似て四つ足で、人間の赤子のような声で鳴くと記されている。また、そのところの注に、人魚は鯢(さんしょううお)との説明がある。秦(しん)の始皇帝を葬ったとき、人魚のあぶらで灯(ひ)をともしたというが、それは鯢のことらしい。日本では『倭名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)』に「人魚、魚身人面の者なり」とある。実際に見たという記録は古くからあり、そのなかでも『古今著聞集(ここんちょもんじゅう)』に詳しい。伊勢(いせ)国で漁夫の網に人魚がかかり、魚身で頭は人間、歯は細かい魚の歯で、顔は猿に似ていた。人間のような泣き声で涙を流していた。食べてみると味は格別であったという。人魚を食べたという話は、民間では八百比丘尼(はっぴゃくびくに)の伝説として伝えている。食べた結果、800歳までも長生きしたという。ほかにも人魚の出現を悪いことの兆候と説いた記録もある。
 人魚の正体をジュゴンやリュウグウノツカイであるとする説もあるが、生息海域から考えて無理なところがある。神話、説話の領域の存在と考えるべきであろう。[野村純一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

人魚 (ニンギョ)

動物。想像上の動物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にん‐ぎょ【人魚】

〘名〙
① 上半身が人間(特に女性)で下半身は魚の形をした想像上の動物。世界各地で種々の伝説を伴い、その出現は凶兆とも瑞兆ともされ、また、これを食うと若返るとの俗信があった。一説に、ジュゴンやマナティなどの海獣がモデルだという。
※聖徳太子伝暦(917頃か)下「夫人魚者瑞物也。今無飛兔入魚者。是為国禍
② 「さんしょううお(山椒魚)」の異名。〔山海経‐西山経〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の人魚の言及

【海】より

…波浪の原因についても多数の伝承がある。フランスでは,船乗りが裸の人魚を見ると海が怒り,悪魔が迷える魂を迎えに来ると荒れる。海上で口笛を吹くとあらしになる。…

【カイギュウ(海牛)】より

…アメリカマナティーおよびアマゾンマナティーはCITES条約の保護動物。 なお,カイギュウは伝説の動物〈人魚〉のイメージとなった動物といわれているが,これらの特異な顔から美人を連想するのはむずかしい。しかし,前肢(腕)の付け根の腹側に1対の乳頭があり,マナティーでは両手を胸で合わせることや,後足がなく,魚類のものとは異なるが水平尾びれがあることなどから,人魚伝説の発想もありうるとも思われる。…

※「人魚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人魚の関連情報