コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カタンドゥアネス島 カタンドゥアネスとうCatanduanes Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カタンドゥアネス島
カタンドゥアネスとう
Catanduanes Island

フィリピン,ルソン島南東部のビコル半島東岸沖にある島。面積 1425km2。周辺の小島とともにカタンドゥアネス州を構成。州都は南岸にある主要港ビラク。なだらかな丘陵から成り,ココヤシ,イネ,マニラアサ,ヤムイモが栽培される。住民はビコル語を共通言語とする。州面積 1512km2。州人口 18万 7000 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カタンドゥアネス‐とう〔‐タウ〕【カタンドゥアネス島】

Catanduanes Island》フィリピン、ルソン島南東部の東方沖に浮かぶ島。カタンドゥアネス州に属す。州都は南端のビラク。マケダ海峡で隔てられたルソン島の都市タバコと航路で結ばれる。肥沃な土地が広がり、米、ココヤシ、アバカ(マニラ麻)などを産する。東岸のプラランビーチはサーフィンなどのマリンスポーツが盛ん。カタンドアネス島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カタンドゥアネス島の関連キーワードタバコ(ディモフの小説)ヤムイモビコル族

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android