カタンドゥアネス島(読み)カタンドゥアネスとう(英語表記)Catanduanes Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カタンドゥアネス島
カタンドゥアネスとう
Catanduanes Island

フィリピン,ルソン島南東部のビコル半島東岸沖にある島。面積 1425km2。周辺の小島とともにカタンドゥアネス州を構成。州都は南岸にある主要港ビラク。なだらかな丘陵から成り,ココヤシ,イネ,マニラアサ,ヤムイモが栽培される。住民はビコル語を共通言語とする。州面積 1512km2。州人口 18万 7000 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カタンドゥアネス‐とう〔‐タウ〕【カタンドゥアネス島】

Catanduanes Island》フィリピン、ルソン島南東部の東方沖に浮かぶ島。カタンドゥアネス州に属す。州都は南端のビラク。マケダ海峡で隔てられたルソン島の都市タバコと航路で結ばれる。肥沃な土地が広がり、米、ココヤシ、アバカ(マニラ麻)などを産する。東岸のプラランビーチはサーフィンなどのマリンスポーツが盛ん。カタンドアネス島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android