コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カタンドゥアネス島(読み)カタンドゥアネスとう(英語表記)Catanduanes Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カタンドゥアネス島
カタンドゥアネスとう
Catanduanes Island

フィリピン,ルソン島南東部のビコル半島東岸沖にある島。面積 1425km2。周辺の小島とともにカタンドゥアネス州を構成。州都は南岸にある主要港ビラク。なだらかな丘陵から成り,ココヤシ,イネ,マニラアサ,ヤムイモが栽培される。住民はビコル語を共通言語とする。州面積 1512km2。州人口 18万 7000 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カタンドゥアネス‐とう〔‐タウ〕【カタンドゥアネス島】

Catanduanes Island》フィリピン、ルソン島南東部の東方沖に浮かぶ島。カタンドゥアネス州に属す。州都は南端のビラク。マケダ海峡で隔てられたルソン島の都市タバコと航路で結ばれる。肥沃な土地が広がり、米、ココヤシ、アバカ(マニラ麻)などを産する。東岸のプラランビーチはサーフィンなどのマリンスポーツが盛ん。カタンドアネス島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カタンドゥアネス島の関連情報