コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カッダロール カッダロール Cuddalore

3件 の用語解説(カッダロールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カッダロール
カッダロール
Cuddalore

インド南部,タミルナードゥ州東部,ベンガル湾に臨む港湾都市ポンディシェリーの南約 30km,ポンナイヤール川河口付近に位置。 1682年にイギリス東インド会社が商館を置いてから貿易港として発展,1758年にフランスが領有し,1785年再びイギリス領となったが,マドラスの発展につれて勢力を失った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カッダロール(Cuddalore)

インド南部、タミルナドゥ州の都市。ポンディシェリーの南約30キロメートルベンガル湾に注ぐポンナイヤール川の河口付近に位置する。17世紀に英国東インド会社セントデービッド要塞を建造し、18世紀中頃からチェンナイ(マドラス)にその座を譲るまで貿易港として栄えた。カダルール

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カッダロール
かっだろーる
Cuddalore

インド南部、タミル・ナド州のベンガル湾に面する古い港町。人口15万8569(2001)。1682年にイギリス東インド会社が貿易権を取得し、セント・デービッド要塞(ようさい)を築いて以来発展した。18世紀中ごろからチェンナイ(マドラス)の発展に押されて振るわず、現在ではラッカセイとその油製品を中心に、東南アジア向けの輸出が行われているにすぎない。近年、漁業や造船業がいくらか盛んになりつつある。[貞方 昇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カッダロールの関連キーワードコインバトールタミルマドゥライベンガルールタミルナドゥブリハディーシュワラ寺院アリカメドゥアンナードゥライタミル・ナードゥ[州]タミル文学

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone