コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カツオノカンムリ カツオノカンムリ Velella velella; little sail

2件 の用語解説(カツオノカンムリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カツオノカンムリ
カツオノカンムリ
Velella velella; little sail

刺胞動物門ヒドロ虫綱管クラゲギンカクラゲ科。体は長径 5cmほどの楕円形の水平板(気胞体)の上に三角形の帆があり,風に乗って移動する。水平板の縁は美しい青藍色,中央は無色半透明で,内部は多くの室に分かれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カツオノカンムリ
かつおのかんむり / 鰹の冠
paper sailor
[学]Velella lata

腔腸(こうちょう)動物門ヒドロ虫綱管(くだ)クラゲ目カツオノカンムリ科に属する海産動物。上面の浮きに相当する気胞体は長径5センチメートルほどで、三角形の帆を立てており、美しいコバルト色である。水平な盤状の部分は多くの小室に分かれ、また盤状部の下面中央には短い円錐(えんすい)状の大きな栄養体があり、その周りを多くの小さな円柱状の栄養体が取り巻いている。さらにその外縁に多くの感触体が配列しているが、これら栄養体および感触体の配列は同じクダクラゲ類のギンカクラゲのそれと似ている。感触体上には刺胞がみられ、それらに触れるとかなりの痛みを感ずる。世界の暖流域に広く分布しているが、夏期に日本の太平洋沿岸に多数が流されて打ち寄せることがある。カツオノエボシと同様、カツオの群れといっしょにみられることがあるのでこの名がある。[山田真弓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カツオノカンムリの関連キーワードアラゲキクラゲギンカクラゲ腔腸動物ヒドロ虫類管水母真水水母銀貨水母クラゲ(水母)ハチクラゲ類(鉢水母類)ヒドロ虫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone