コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カティン事件 カティンじけん

1件 の用語解説(カティン事件の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カティンじけん【カティン事件】

第2次大戦初期にソ連軍の捕虜となったポーランド人将校が大量に虐殺された事件。カティンKatynロシア西部の,スモレンスク近郊のドニエプル河畔にある森。ソ連に侵入したドイツ軍は1943年4月カティンの森で4321名のポーランド人将校の虐殺死体を発見と発表,領土問題をめぐって緊張の度を高めていたソ連とポーランド亡命政府の関係を決裂に導いた。ソ連軍が1939年9月にポーランドに侵入したとき捕虜にしたポーランド人将校は約1万5000名,その大部分が40年5月以降行方不明となっていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カティン事件の関連キーワードカチンの森事件フォッシュポーランド分割ラーゲリラーコシロンメルカチンの森シャルルドルレアン梶(2)高橋大造

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone