コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カトリーナ かとりーな Hurricane Katrina

2件 の用語解説(カトリーナの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

カトリーナ

2005年8月25〜29日、米国南部を襲った大型ハリケーンニューオーリンズをはじめ隣接のミシシッピー州が特に大きな被害を受け、経済的損失額は1500億ドル(約17兆2200円)を超えると予測され、ハリケーンによる被害額としては、米国史上最大。特にニューオーリンズはもともと海抜0m地区で、避難した住民はライフラインを断たれ孤立し、略奪や暴行が頻発した。こうした災害に救助・救援すべき連邦緊急事態管理庁(FEMA)はじめ様々な政府機関の対応が遅く、「人災」という非難もある。死者は06年5月現在1836人で、行方不明者は705人。復旧対策経費624億ドル(約7兆1660億円)の緊急補正予算などが成立したが、復旧にはさらに多くの資金と時間がかかることは確実。破壊された住宅、企業、自然環境の復旧、州外に避難した住民の帰還など、問題は山積。テロ対策のため国土安全保障省を新設、外国の戦争や災害に対する迅速な対応とは対照的に、国内の自然災害に対する対応の遅さが露呈された。

(細谷正宏 同志社大学大学院アメリカ研究科教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

カトリーナ

05年8月29日、ハリケーンの強さを示すカテゴリー3(最強は5)で米南部に上陸、メキシコ湾からの高波とポンチャートレーン湖から運河に逆流した水の勢いで堤防が数カ所で決壊し、ニューオーリンズ市の8割が水につかった。上陸前日に退避命令が出されたものの、多くの市民がとどまり、連邦政府の救援や被災者の救出の遅れが問題になった。被災直後、ルイジアナ州だけで1千人以上が死亡。ハリケーンに関連した理由で亡くなった人を含めると、同州の死者は1500人を超えたと地元紙は伝えている。

(2006-06-07 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カトリーナの関連キーワード安政五ヵ国条約背泳走り幅跳びバタフライハリケーン「カトリーナ」(2005年)ディキシー自由形岩手ピア'85花フェスタ2005ぎふ残留孤児・婦人訴訟判決

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カトリーナの関連情報