カドーロ(英語表記)Ca' d'Oro

デジタル大辞泉の解説

イタリア北東部、ベネト州の都市ベネチアの大運河(カナルグランデ)沿いにあるゴシック様式の館。ベネチアの貴族コンタリーニ家の館として15世紀に建造。かつて外壁に金箔が施されていたため「黄金の館(カドーロ)」と呼ばれるようになった。正式名称はサンタソフィア宮殿。19世紀末にジョルジョ=フランケッティ男爵の所有となった。現在はマンテーニャファン=ダイクなどの作品を所蔵するフランケッティ美術館として公開されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

興行収入

観客が興行会社(劇場)に支払う入場料の合計金額を興行収入(興収)といい、この興収の中から、宣伝費などの必要経費と劇場利益を差し引いた金額を興行会社は配給会社に支払う。この配給会社に支払われる金額を配給...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android