コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カバディ kabaddi

翻訳|kabaddi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カバディ
kabaddi

古代インドの兵法起源といわれる格闘技と「鬼ごっこ」を合わせたような競技。ラインで二分された縦 12.5m,横 10mのコートを対戦する2チームの陣地とし,攻撃と防御を交互に繰り返す。1チーム7人で行なわれ,攻撃側は一人で敵陣に攻め込み,相手選手にタッチして自陣に戻れば得点となる。攻撃者 (レイダー) は攻撃中には1呼吸で「カバディ」を連呼しなければならず,攻撃途中で声が途切れ相手選手に取り押えられると失点となる。インドなどには1呼吸 40秒以上も連呼し続ける選手もいる。南アジア一帯で広く普及し,インドとバングラデシュでは国技となっている。 1990年に北京で開催された第 11回アジア競技大会で初めて正式種目に採用された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

カバディ

インドの国技。1チーム7人で、攻撃側の1人が相手陣地に入り、守備側の選手にタッチして自陣に戻れば得点となる。攻撃中は「カバディ、カバディ」と一息で連呼し続けなければならない。攻撃者が敵陣内でとらえられると、逆に守備側に1点が入る。守備側は攻撃者から逃げながらも、キャッチング(タックル)して相手を倒し、押さえつけることなどを狙う。

(2006-12-01 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

カバディ(〈ヒンディー〉kabaddi)

インドの国技。1チーム七人の二組みが攻撃側と守備側とに分かれ、攻撃側の一人が「カバディ」と連呼しながら、息の続く間守備側のからだや手にタッチし、守備側はタックルなどで妨害する。触れた人の数が得点になる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

カバディ

インドで生まれた競技。1チーム7人の2チームがコート(12.5m×10m)の両側に分かれ,攻撃側はレイダー(攻撃手)を1人,守備側(アンチ)に送る。レイダーは〈カバディ,カバディ〉と連呼しながら守備側の選手にタッチして自陣に戻れば,その人数分が得点となる。
→関連項目アジア競技大会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

カバディ【kabaddi】

インド発祥のスポーツ競技。一チーム七人で、攻撃と守備を交互に行い対戦する。攻撃側は一人が相手陣地へ入り、「カバディ、カバディ…」と連呼しながら息の続く間に守備側の選手にタッチし、自陣に戻れば得点になる。守備側はそれをタックルなどにより妨害する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カバディ
かばでぃ
kabaddi

インド、バングラデシュなど南アジア諸国で数千年の歴史をもつ伝統あるスポーツで、相手にタッチして得点を競うゲーム。その名のとおり「カバディ、カバディ……」と一息でいい続けながら攻撃する点が、大きな特徴の一つ。コートの大きさは男子13メートル×10メートル、女子12メートル×8メートルで、屋外グラウンド、屋内を問わないが、国際大会はマット上で行うことが多い。外側は長いほうがアウトサイドラインで、短いほうがエンドライン。このラインを越えるとアウトとなる。アウトサイドラインの内側1メートルにインサイドラインが引かれ、この両側1メートルの区域はロビーと称し、攻撃手(レイダー)と守備側(アンティ)の接触が起きると使用可能になるが、接触なしにインサイドラインを越えるとアウトとなる。中央にはミッドラインが引かれ、各チームはこのラインを挟んで陣地を分ける。ミッドラインから3.75メートル(女子3メートル)にボークラインが引かれ、レイダーはかならず1回はこのラインを越えなければならない。また、ミッドラインから4.75メートル(女子4メートル)にボーナスラインが引かれ、アンティが6人以上いるなかで、レイダーがこのラインを越えて中に入り、外に戻った場合は攻撃側に1点が入る。
 競技は、それぞれ7人の選手からなる2チームよって行われる。両チームは交互に1人のレイダーを守備側のコートに送る。レイダーは、アンティの身体または衣服にタッチして自陣のコートに戻れば、接触した人数分が得点となる。接触されたアンティは全員コートアウト。逆に、アンティがレイダーを捕まえて攻撃側コートに戻らせなかったら、守備チームが得点し、レイダーはコートアウトとなる。レイダーは相手コートに入るときから自陣のコートに戻るまでの間、息をつかずに「カバディ、カバディ……」といい続けなければならない。コートアウトした人は、味方チームが得点すると、得点分の人数だけコートに戻ることができる。チーム全員がコートアウトとなった場合は、相手に2点を加点した上で、全員がコートに復帰して試合を継続でき、これをローナと称する。試合時間は、男子が前後半各20分、女子が前後半各15分、休憩は男女とも5分。勝敗は、両チームの得点によって決まる。単純なゲームで道具はほとんど必要ないが、あるレベル以上になると攻撃、守備の駆け引きがあり、また、格闘技のような激しいぶつかり合いもある、奥の深いスポーツである。
 スポーツとしてのカバディは、1951年、インドを中心に統一したルールがつくられ、1978年、アジア・アマチュア・カバディ連盟(AAKF)が発足。1979年(昭和54)には日本にも伝えられ、1981年に日本カバディ協会が設立された。アジア競技大会では、1990年の北京(ペキン)大会以降、正式種目となっている。また2004年には国際カバディ連盟(IKF)が設立され、第1回ワールドカップが開催された。日本では、全日本選手権大会、東日本大会、西日本大会等が毎年開催されている。[河合陽児]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カバディの関連キーワードエスニックスポーツタイプーサム塩田泰久

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カバディの関連情報