コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラウィーン・モスク Mosque of Qarawiyyīn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラウィーン・モスク
Mosque of Qarawiyyīn

モロッコの古都フェスにある,最も古く,最も大きなモスク。創建は 857年頃。チュニジアカイラワーンからモロッコへ移住してきた人々が建立したもので,「カラウィーン」とは「カイラワーン人の」という意。当初,礼拝室はキブラ壁に平行な4つの廊から成り,ミフラーブの前方にやや広い中軸廊が延びていた。ムラービト朝のもとで 1135~43年頃増改築がなされ,間口 21スパン (張間) ,奥行 10スパンという広大な礼拝室が完成するとともに,中軸廊にはプラスターによる装飾的なドームが造られた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カラウィーン・モスクの関連キーワードムラービト朝美術カラウィンモスクフェス旧市街

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android