カラギョズ(英語表記)Karagöz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラギョズ
Karagöz

トルコの影絵芝居。 16世紀にエジプトから伝えられた。白い幕を張り,後方から光を当て,光源と幕との間に,ラクダの皮に彩色を施した切り絵風の人形を棒で支えて操り,音楽,吟詠,歌謡などを伴って行われる。祭りや結婚式などの夜に上演される。内容は典型的なトルコの町人のカラギョズと,もの知りぶったハジバトとを主人公として,両者のちぐはぐな会話に軽妙なしゃれと風刺,語呂合せなどを織り交ぜて滑稽に描く。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カラギョズ【karagöz】

トルコの影絵人形劇。トルコ民衆芸能の代表的一部門。原義はトルコ語で〈黒い目〉を意味し,劇中の主人公の名,転じて影絵人形劇全体の呼称となる。その起源はアジアにあるといわれるが,具体的起源や伝来の経路については諸説があり不詳である。しかし,少なくとも16世紀にはトルコに入り,17世紀にはほぼ現在の形をとった。上演は,皮革を油で透明にして彩色した人形を白い布幕の後ろで操り,さらにその後方の光源により影を幕に投影する形で行われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカラギョズの言及

【イスタンブール】より

… 宮廷の王子たちの割礼式,犠牲祭などの祝祭日には,100種以上にのぼるギルドが実演をしながら行進し,またビザンティン時代の競馬場跡地にあたる〈馬の広場At Meydanı〉や〈肉の広場〉(現,アクサライ地区),〈矢の広場Okomeydanı〉などでは,レスリング,軽業,奇術,道化,馬術競技,弓道大会などが開かれ,宮廷人,高官,ウラマー,民衆がこぞってこれらを楽しんだ。また断食(ラマダーン)月の夜などには,宮廷や高官の邸宅,あるいは広場などでカラギョズ,オルタオユヌorta oyunu(即興劇)が演じられ,16世紀中葉以後に普及したコーヒー・ハウス(カフウェkahve)にはメッダーフmeddāh(語り物師),アーシュクāşık(吟遊詩人)が出入りしてにぎわったが,やがてここは民衆の政治的世論形成の場となり,そうした伝統はロンドンなどヨーロッパ諸都市に伝播した。イスタンブールの民衆芸能を代表するカラギョズは,オスマン紳士(ハジワト)と民衆(カラギョズ)との掛合いを中心にこの町に住む多様な民族の習性を活写している。…

※「カラギョズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android