コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

操り アヤツリ

百科事典マイペディアの解説

操り【あやつり】

人形浄瑠璃(にんぎょうじょうるり)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あやつり【操り】

操り人形芝居の略で,手で操作する人形を意味するが,狭義には文楽人形を指す。〈あや〉は糸のことで,本来は糸操り(マリオネット)の意味と思われる。平城京跡から糸操りの人形が出土している事実を見ても古代から行われていたと想像できるが,日本の人形劇の主流が傀儡くぐつ)の手遣(てづか)い人形であったため,これをも含めて操りと呼ぶようになった。したがって,人形自体に仕掛けして自動的に動く〈からくり人形〉以外のものを〈操り人形〉と総称し,かつ浄瑠璃に合わせて演じる人形芝居を〈操り浄瑠璃〉と呼んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あやつり【操り】

「操り芝居」「操り人形」の略。
あやつること。あやつるしかけ。からくり。 「賽さいに-を仕出し、人を抜きて金銀を取る事/仮名草子・浮世物語」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

操り
あやつり

一般的には物や人を巧妙に操作することをいうが、とくに人形芝居に関する用語が多い。操狂言(あやつりきょうげん)、操芝居、操浄瑠璃(じょうるり)などで、それらを単に操りということもあった。操座といえば人形芝居を興行する一座、または小屋(こや)(劇場)をさした。その人形を操人形といったり、操る人を操方(あるいは操師)、舞台を操舞台、大道具類を操道具というように、操興行の事物に関する関連語を多く派生させている。からくり興行またはからくり応用の舞台を操機関(あやつりからくり)といった。糸操りの分野では操板(手板)、操糸の用例がある。操人形の動作ぶりを歌舞伎(かぶき)の所作事(しょさごと)にうつしたものに『操(あやつり)三番(さんば)』がある。なお人形芝居以外では、操身上(しんしょう)、操相場などの用語がある。[西角井正大]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

操りの関連情報