コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラスシジミ カラスシジミStrymonidia w-album

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラスシジミ
Strymonidia w-album

鱗翅目シジミチョウ科のチョウ。前翅長 17mm内外。翅表は黒褐色。裏面は表面より明るい褐色で,前後翅に細い白色帯があるが,後翅のそれはW字形になっている。後翅には尾状突起があるが雄では非常に短い。北海道,本州九州,サハリン,千島列島南部,朝鮮,中国北部,ヨーロッパに分布し,日本産は亜種 S. w. fentoniという。近縁のミヤマカラスシジミ S. meraは本種に似るが,翅は丸みを帯び,後翅裏面の白色帯は屈曲が弱くW字形にならず,尾状突起は長い。日本固有種で北海道,本州,四国,九州に分布する。ベニモンカラスシジミ S. iyonisは前翅長 12mm内外,翅は本種より暗色で,裏面白色帯もより細く,前翅表には橙赤色紋があり,尾状突起は短い。本州,四国に産し,分布は局地的である。また北海道には淡色で前後翅に橙赤色斑のあるエゾリンゴシジミ S. pruniを産する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カラスシジミ【Strymonidia w‐album】

鱗翅目シジミチョウ科の昆虫。やや小型で開張2.5~3.5cm。翅の表面は暗褐色なのでこの名がある。後翅裏面にW字形の白色条があり,学名の種小名はこれを表している。ヨーロッパから中国北部,朝鮮半島を経て日本まで分布する。日本では北海道,本州,九州に見られ,本州西部から九州にかけては産地がごく限られている。年1回発生し,成虫暖地では5月後半,寒地では7月ころ羽化する。一般に食餌ハルニレオヒョウなどのニレ科植物を含む落葉広葉樹林にすんでいるが,サクラ類やスモモなどのバラ科植物も食べるので,ときにこれらの植物が栽培されている人家周辺にも発生することがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラスシジミ
からすしじみ / 烏小灰蝶
white letter hairstreak
[学]Strymonidia w-album

昆虫綱鱗翅(りんし)目シジミチョウ科に属するチョウ。ヨーロッパからアジア東部にわたりユーラシアの北部に広く分布する種で、日本では北海道から九州(南部の鹿児島県下まで)に産するが、日本南西部ではその産地は一般に限られている。はねの開張25~30ミリメートル程度。はねの表面は黒褐色、裏面は茶褐色で細い白帯がある。雄の後ろばねの尾状突起は短い。年1回の発生で、寒冷地では7~8月に、暖地では5~6月に成虫が現れる。幼虫の食草はハルニレ、コブニレ、オヒョウなどのニレ類、ときにスモモ、ズミ、サクラ類にもつく。成虫の発見は意外にむずかしいが、前蛹(ぜんよう)期ないし蛹期に、もっとも好む食草のハルニレを探せば、その発見は困難ではない。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カラスシジミの関連キーワードミヤマカラスシジミ白水

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android