コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラハツタケ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラハツタケ
からはつたけ / 辛初茸
[学]Lactarius torminosus Fr.

担子菌類、マツタケ目ベニタケ科のキノコ。傘は径5~10センチメートル、中央はくぼみ、開くと浅い漏斗(ろうと)形で、表面は淡い橙黄(とうこう)褐色で、やや桃色を帯びて美しい。また、表面にはすこし粘り気があり、周辺部に綿毛状の房毛を帯びるのが特徴。ひだはクリーム色で茎に垂生する。傷をつけると辛味の強い白い乳を多量に出すので辛初茸とよばれる。夏から秋にかけて、おもにカンバ林の地上に生える。日本をはじめ北半球の温帯以北に広く分布。猛烈な辛味のため毒キノコとみなされたが、毒はないとされる。ロシア、フィンランドなどのキノコ好きの民族は、水でさらし、ラードまたはヘットでいためて食べるという。[今関六也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android