カリクスツス1世(読み)カリクスツスいっせい(英語表記)Calixtus I; Callistus I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリクスツス1世
カリクスツスいっせい
Calixtus I; Callistus I

[生]?
[没]222. ローマ
第16代教皇在位 217?~222)。聖人。奴隷出身。キリスト教徒としてユダヤ人から弾圧され,サルジニア島の鉱山送りに処された。帰国後,教皇ビクトル1世(在位 189頃~198/199)から恩給を授けられた。そののちゼフィリヌス(在位 199頃~217)から助祭叙階され,教皇の有力な助言者となったとされる。ゼフィリヌスの死後,教皇に選出されたが,その在位期間は史上初の対立教皇であるヒッポリツス(在位 217/218~235)が立って教会が分裂した時期にあたる。ヒッポリツスは教皇位の奪取を画策し,天父受難説を信奉しているとカリクスツス1世を非難したほか,教会規律をゆるめたことも批判した。これはカリクスツス1世が姦淫を犯した者への赦しを緩和したことをさすとみられる。墓所はアウレリア街道沿いにある。祝日は 10月14日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android