コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリクスツス1世 カリクスツスいっせいCalixtus I; Callistus I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリクスツス1世
カリクスツスいっせい
Calixtus I; Callistus I

[生]?
[没]222. ローマ
第16代教皇在位 217?~222)。聖人。奴隷出身。キリスト教徒としてユダヤ人から弾圧され,サルジニア島の鉱山送りに処された。帰国後,教皇ビクトル1世(在位 189頃~198/199)から恩給を授けられた。そののちゼフィリヌス(在位 199頃~217)から助祭叙階され,教皇の有力な助言者となったとされる。ゼフィリヌスの死後,教皇に選出されたが,その在位期間は史上初の対立教皇であるヒッポリツス(在位 217/218~235)が立って教会が分裂した時期にあたる。ヒッポリツスは教皇位の奪取を画策し,天父受難説を信奉しているとカリクスツス1世を非難したほか,教会規律をゆるめたことも批判した。これはカリクスツス1世が姦淫を犯した者への赦しを緩和したことをさすとみられる。墓所はアウレリア街道沿いにある。祝日は 10月14日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カリクスツス1世の関連キーワードウルバヌス1世

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android