コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリクレイン callicrein

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリクレイン
callicrein

1926年ドイツのミュンヘン大学で医師 E.フライが,イヌの心臓に対するコカインの影響を研究中,その尿中から発見した物質で,彼は第2膵臓ホルモンと推定した。アドレナリン,アルコールその他で活性化され,それがキニノジェンを活性化してリジルブラディキニンを生じ,血管拡張作用を示す。レイノー病など血行障害の影響の強い病気に多用されたが,最近では,ショックを誘発する例などが報告され,使用が自制されるようになってきた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カリクレインの関連キーワード腎性高血圧/腎血管性高血圧プレカリクレイン血漿タンパク質トリプシン血圧

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android