コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルセオラ カルセオラ Calceola

2件 の用語解説(カルセオラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルセオラ
カルセオラ
Calceola

ルゴースサンゴ類の一属。片側が平らで,半面がふくらみ,外形が木靴やスリッパに似た特異な単体サンゴ。ヨーロッパアジア,日本,北アメリカオーストラリアデボン系に多数産出する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルセオラ
かるせおら
[学]Calceola

四放サンゴ亜綱ゴニオフィルム科の一属。群体をなさず単体で生活する。サンゴ体は、先のとがったスリッパの前半部を倒立させたような形で、側面の一方は平ら、一方は湾曲しており、断面はほぼ半円形をなす。この形からスリッパサンゴともよばれる。上部に半円形の蓋(ふた)をもつことが特徴である。サンゴ体は一般に5センチメートル以下。古生代デボン紀前期から中期にかけて生息し、ヨーロッパ、アフリカ、アジア、オーストラリアなど、アメリカを除く全世界から産出している。日本では、岐阜県高山市奥飛騨温泉郷福地(おくひだおんせんごうふくぢ)と北上山地のデボン系の地層からサンゴ体や蓋が発見されているが、その数は少ない。[藤山家徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカルセオラの言及

【サンゴ(珊瑚)】より

…日本ではシルル紀から二畳紀にわたり,それぞれの紀に特徴的な種属が報告されており,示準化石として有効なものが多い。その例としてカルセオラCalceola,ケイチョウフィルムKueichouphyllum(貴州サンゴ)やワーゲノフィルムWaagenophyllumなどがある。 六放サンゴ類は中生代三畳紀から現在まで知られている花虫綱の一グループで,過去,現在を通じてサンゴ礁を形成してきたもっとも重要なグループである。…

※「カルセオラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カルセオラの関連キーワードハチノスサンゴゴルゴー珊瑚珊瑚虫鎖珊瑚いい音・オルゴールの日バヤリース とろけるマンゴーサンゴ(珊瑚)八射サンゴ類六射サンゴ類

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カルセオラの関連情報