コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルタジローネ Caltagirone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルタジローネ
Caltagirone

イタリア南西部,シチリア島南部,シチリア州カルタニッセッタ県にある町。カタニア南西約 65kmの美しい丘陵地にある。町は低地と高地に分れ,17世紀につくられた階段で結ばれている。カタニアとは道路と鉄道が通じる。製陶とテラコッタがおもな工業で,農業は穀物,ブドウ,オリーブ,コルクガシが主要。シチリア最古の町の一つで,ギリシア,ローマ,ノルマンの遺跡がある。人口約4万。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

カルタジローネ(Caltagirone)

イタリア南部、シチリア島、シチリア自治州の町。カターニア平野の端、標高約600メートルに位置する。古代ギリシャの時代より陶器の生産が盛んで、現在もマジョリカの産地として有名。17世紀の大地震により大きな被害を受けたが、その後の復興により建てられたバロック様式の建物が多く、同島南東部の八つの町が2002年に「バル‐ディ‐ノートの後期バロック様式の町々」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

カルタジローネの関連キーワードヴァルルイージ ストゥルツォバルディノートストゥルツォ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android