カルチエ(読み)かるちえ(英語表記)Jacques Cartier

日本大百科全書(ニッポニカ)「カルチエ」の解説

カルチエ
かるちえ
Jacques Cartier
(1491―1557)

フランスの航海者、探検家。前半生は不明であるが、早くから航海に従事したともいう。1530年代から国王フランソア1世に用いられ、アジアに至る北西航路を開くため、また金鉱など資源をもつ陸地を発見するため、大西洋の航海を行った。34年、ニューファンドランド島周辺からセント・ローレンス湾に入り、35~36年、現在のケベックモントリオールあたりに及んで、セント・ローレンス川を探検し、この間、現地人とも接触した。41~42年、前回とだいたい同じ方面でさらに探検を続けた。これによって、本来の目的は達成されなかったが、フランスのカナダ経営の基礎がつくられた。航海記の著書がある。

[山上正太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android