コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルボアニオン カルボアニオン carbanion

2件 の用語解説(カルボアニオンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルボアニオン
カルボアニオン
carbanion

炭素陰イオンともいう。有機原子団の炭素原子に負電荷をもつイオン。実際にはその負電荷は特定の1個の炭素原子に局在せずに,その原子団全体に広がっている。安定なものもあるが,多くは反応中間体として存在する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルボアニオン
かるぼあにおん
carbanion

炭素上に負電荷をもつ3価の炭素中間体。一般式CR1R2R3(R1、R2、R3は炭素で中心と結合する置換基)で示される。カルボン酸のカルボキシ基(カルボキシル基)-COOHやアルコールのヒドロキシ基-OHの水素陽イオンが解離すると、酸素上に負電荷をもつ陰イオンが生成するように、炭素上の水素が強い塩基の作用により水素イオンとして失われると、炭素上に負電荷をもつ陰イオンが生ずる。これがカルボアニオンで、炭素陰イオンの意味である。アセトニトリル、アセトフェノン、マロン酸エステルなどでシアノ基、カルボニル基、エステル基などの陰性基に隣接する炭素上からは、水素イオンが奪われやすく、カルボアニオンが生ずる。これは陰性基と共役した二重結合に付加し、炭素‐炭素間の結合を形成する。[徳丸克己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルボアニオンの関連キーワード陰イオン不斉炭素原子ベンゼン環炭素鎖n-3脂肪酸n-6脂肪酸エピマー化水素炎イオン化検出器カルバニオンカルボカチオン

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone