コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルル16世グスタフ カルルじゅうろくせいグスタフCarl XVI Gustaf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルル16世グスタフ
カルルじゅうろくせいグスタフ
Carl XVI Gustaf

[生]1946.4.30. ストックホルム
スウェーデン国王(在位 1973~ )。フルネーム Carl Gustaf Folke Hubertus。グスタフ6世の長男グスタフ・アドルフ(1947飛行機事故で死亡)の長男。1950年,祖父の国王即位に伴い皇太子となった。陸軍士官学校,ウプサラ大学,およびフランスで学び,1968年に海軍将校に任官された。1973年国王に即位。1976年シルビア・ソマラートと結婚。夫妻の間には,1977年ビクトリア,1979年カルル・フィリップ,1982年マデレーンが生まれた。カルル16世グスタフの即位は,スウェーデン王室の役割が大きく変化しつつあるなかで行なわれた。1975年以前の憲法では,王は国策会議の議長を務め,政府の決定事項に署名し,軍隊を指揮し,内閣が辞職した場合に新内閣の組閣者を指名するなど,政府のなかで統治者としての役割を担っていたが,1975年に施行された新憲法は,象徴としての役割だけを残している。(→スウェーデン史

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カルル16世グスタフの関連キーワードキング・クリムゾンマキノ雅広イタリア映画新藤兼人新日本文学生活保護戦争放棄トルンカホログラフィック・アートマンキウィッツ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android