コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルロボ Karlovo/Карлово

デジタル大辞泉の解説

カルロボ(Karlovo/Карлово)

ブルガリア中部の都市。バルカン山脈南麓、カルロボ盆地のストリャマ川沿いに位置する。バラの生産が盛んで、東のカザンラク盆地と合わせてバラの谷と呼ばれる。中世に要塞が築かれ、オスマン帝国時代の16世紀から18世紀にかけて手工業で発展。19世紀後半には民族文化復興の拠点となった。革命家バシル=レフスキ、辞書編纂者イバン=ボボロフの生地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カルロボの関連キーワード生田幸士薔薇の谷

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android