コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カローニン カローニン Karonin, Nikolai Elpidiforovich

2件 の用語解説(カローニンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カローニン
カローニン
Karonin, Nikolai Elpidiforovich

[生]1853.10.17. サマーラ,ボズネセンスカヤ
[没]1892.5.24. サラトフ
ロシアの作家。本名 Petropavlovskii。村司祭の貧しい家に生れ,神学校を出たが,中等科の課程も終了せずに革命運動に参加し,逮捕されてシベリアに流刑。農奴解放後の農民の生活や,ナロードニキインテリゲンチアの思想的探求を主題として,代表作『パラシュキノ村の人々の話』 Rasskazy o parashkintsakh (1879~80) をはじめ,中編『下から上へ』 Snizu vverkh (86) などを書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カローニン
かろーにん
С.Каронин S. Karonin
(1853―1892)

ロシアの小説家。村の司祭の家に生まれ、神学校の中学課程在学中にナロードニキ(人民主義者)運動に入り、シベリアに追放。帰還後はボルガ川沿岸地方に住み、貧窮のうちに死んだ。作家活動は1879年から。初め農村問題を、のちには主としてナロードニキの運命を扱う作品を書いた。代表作は『パラシュキノ村の人々の話』(1879~80)、『下から上へ』(1883~86)など。[小平 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カローニンの関連キーワードサマーウールサマースキーサマーヤーンСамараサマー・オブ・ナイトサマーバスサマーランドの冒険セーラーネオボードマーカー東京サマーランドサマー・ホリデイ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone