カンディード(読み)かんでぃーど(英語表記)Candide ou l'Optimisme

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンディード
かんでぃーど
Candide ou l'Optimisme

フランスの啓蒙(けいもう)思想家ボルテールの哲学小説。1759年刊。原題は『カンディードまたは楽天主義』。純な心の持ち主カンディードは、師で、ライプニッツ流の最善説(予定調和説)の信奉者パングロス博士を信じているが、男爵の娘キュネゴンドへの恋心が災いし城から追われたのち、彼が世の中で遭遇したのは、戦争、大地震、異端審問所等々で、師の説をことごとく裏切るものばかりであった。キュネゴンド嬢に運よく一命を救われたカンディードは、2人で南米に渡るが、この地でも異端審問の追及が待ち構えていた。ついに、この世の黄金郷エル・ドラドにたどり着くが、無目的に人生を過ごすことのできない主人公は、ヨーロッパに戻り、そこで自らの畑を耕し幸福に暮らす老人を見て、「われわれの庭を耕さねばならない」と悟る。機知と皮肉を利かせた独特の文体で、空疎な形而上(けいじじょう)学を退け、実践的叡知(えいち)を説いた傑作である。[市川慎一]
『吉村正一郎訳『カンディード』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

カンディード

(原題Candide ou l'Optimisme) 長編風刺小説。ボルテール作。一七五九年発表。純真な青年カンディードはいたるところで世間の矛盾、不条理に出あい、最後は自分の能力に応じた仕事の日常に満足を見出す。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android