コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーシャ kasha

翻訳|kasha

大辞林 第三版の解説

カーシャ【kasha】

ロシア料理独特のソバの実のかゆ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

カーシャ

ロシア料理

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

カーシャ【kasha(ロシア)】

ロシア料理の一つで、粗挽き挽き割りにしたそばの実のかゆ。ボルシチのつけ合わせとして用いるほか、五分がゆ程度のやわらかさにして主食にすることもある。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カーシャ【kasha】

ロシアで最も古くから知られた料理のひとつ。日本の粥あるいは雑炊にちかい。ふつうは,ソバをはじめ,大麦,小麦,ライ麦,米などの穀粒を,沸騰した牛乳あるいは水の中に投入し,塩,砂糖,コショウ,バターなどで味をつける。このさい各種の野菜,果物,キノコ,肉などを混入することもある。ライ麦からつくる黒パンやビート入りのボルシチ・スープなどと並んで,現在でもロシアで最も普及している家庭料理である。古くはハレの日の宴会に欠かせぬ料理であり,食事そのものを意味することすらあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカーシャの言及

【ロシア】より

…現在では特別な場合を除き都市と農村の服装のあいだに大きな差はなく,伝統的な衣服のスタイルやししゅうのデザインなどは,都会のファッションの中に取り入れられている。
[黒パンとピローグ]
 農民の主食は比較的最近まで黒パンとジャガイモ,それに各種の穀物でつくる粥(カーシャkasha)であり,スープには酢漬けのキャベツを具とするシチーshchi,トマトとテンサイで赤い色をつけたボルシチクワスをベースとするチューリャtyuryaやオクローシカokroshkaなどがあった。ロシア正教ではふだんでも水曜日と金曜日は精進日とされ,復活祭やキリスト降誕節(クリスマス)のような大きな祭りの前には長い斎戒期が設けられていて,その間は肉食が禁止された。…

【ロシア】より

…現在では特別な場合を除き都市と農村の服装のあいだに大きな差はなく,伝統的な衣服のスタイルやししゅうのデザインなどは,都会のファッションの中に取り入れられている。
[黒パンとピローグ]
 農民の主食は比較的最近まで黒パンとジャガイモ,それに各種の穀物でつくる粥(カーシャkasha)であり,スープには酢漬けのキャベツを具とするシチーshchi,トマトとテンサイで赤い色をつけたボルシチクワスをベースとするチューリャtyuryaやオクローシカokroshkaなどがあった。ロシア正教ではふだんでも水曜日と金曜日は精進日とされ,復活祭やキリスト降誕節(クリスマス)のような大きな祭りの前には長い斎戒期が設けられていて,その間は肉食が禁止された。…

【ロシア料理】より

…古くからロシア人の食べ物として知られたのは,ライ麦からつくる黒パン,各種の穀物の粥(カーシャ),デンプンを用いるゼリー状のキセーリなどで,これらは12世紀以降の年代記などにあらわれる。飲物としては麦芽を発酵させてつくるクワス,蜜酒,ビールが愛好され,ややおくれてウォッカがこれに加わった。…

※「カーシャ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

カーシャの関連キーワードトヨタセンチュリーVG20Dイスパノ・モレスク陶器テペ・シアルク遺跡セルジューク朝美術アジャータシャトルA. フージュロンインド哲学/用語レベッカ ロメロミセス・カーシャラーワンディーラーマーヌジャカーシャーニーペルシア絨毯カーシャーンカビール砂漠イタリア音楽ヒラミレモンフィーン庭園マルカジー州インド科学

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android