コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーセル Kerr cell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーセル
Kerr cell

カー効果を利用したもので光のシャッターなどに用いられる装置。互いに垂直なニコルのプリズムの間にニトロベンゼンなどを入れておき,電極に高い電圧を加えると,カー効果により偏光面の方向が変わり,光が通過する。パルス状の電圧を用いれば 10-9秒程度までの高速の光シャッターが得られる。また電圧により透過光の量を制御できるので,写真電送,録音などの用途もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カーセルの関連キーワードKDDI(株)ジオディメータツーカー第二電電プリズムニコル偏光面au

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android