コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カ氏温度目盛り カしおんどめもりFahrenheit temperature scale

1件 の用語解説(カ氏温度目盛りの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カ氏温度目盛り
カしおんどめもり
Fahrenheit temperature scale

1724年ダニエル・ガブリエル・ファーレンハイトがつくった温度計に用いられた温度目盛り。温度は °Fで表す。最初は氷と食塩の混合寒剤の最低温度を0°F,健康人の体温を 96°F(初め 24°F としたが目盛り間隔が粗すぎるのでのちに改めた)として定めたが,今日では 1気圧のもとでの水の融点を 32°F,沸点を 212°Fと定め,その間を 180等分した目盛りが上下に延長される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カ氏温度目盛りの関連キーワードフェリペフェリペ[5世]近松門左衛門近松門左衛門(ちかまつもんざえもん)県庁・県警の不正経理大和郡山市の金魚郡山城槐記カ氏温度カント

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone