コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カ氏温度目盛り カしおんどめもり Fahrenheit temperature scale

1件 の用語解説(カ氏温度目盛りの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カ氏温度目盛り
カしおんどめもり
Fahrenheit temperature scale

1724年ダニエル・ガブリエル・ファーレンハイトがつくった温度計に用いられた温度目盛り。温度は °Fで表す。最初は氷と食塩の混合寒剤の最低温度を0°F,健康人の体温を 96°F(初め 24°F としたが目盛り間隔が粗すぎるのでのちに改めた)として定めたが,今日では 1気圧のもとでの水の融点を 32°F,沸点を 212°Fと定め,その間を 180等分した目盛りが上下に延長される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カ氏温度目盛りの関連キーワードガブリエル合成ダニエル電池聖ガブリエル修道院聖ダニエル廟聖ガブリエル教会エルファーシルダニエル スターガブリエル 不滅の愛ガブリエル,S.ガブリエル反応

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone