コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

列氏温度目盛 れっしおんどめもり

3件 の用語解説(列氏温度目盛の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

列氏温度目盛【れっしおんどめもり】

温度目盛の一つ。水の氷点を列氏0°,沸点を列氏80°とし,その間を80等分したもの。1730年レオミュールが定め,列はその中国訳に由来。同じ温度を摂氏,華氏,列氏で表した数値をそれぞれC,F,RとすればR=4C/5=4(F−32)/9。
→関連項目華氏温度目盛摂氏温度目盛

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

れっしおんどめもり【列氏温度目盛 Réaumur scale of temperature】

温度目盛の一つ。フランスの学者R.A.F.deレオーミュールが1730‐31年に提案した。氷点での水の体積を1000とみなしたとき,体積の増し分0,±1,±2,……に対応する温度の値をそれぞれ0゜Ré,±1゜Ré,……とする方式であったが,後に,氷点を0゜Ré,水の沸点を80゜Réとする方式と解されるようになり,フランスなどで広く用いられた。摂氏温度目盛とは1゜Ré=4/5℃の関係にある。今日の国際単位系の立場では,この目盛による表現は推奨しがたい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone