ガソリンカー

百科事典マイペディアの解説

ガソリンカー

気動車のうちガソリンエンジンを原動機とするもの。動力伝達には摩擦クラッチと歯車変速機を使う。1925年新潟県栃尾鉄道で使用されたのが日本最初で,以降ローカル線に配置されていたが,第2次大戦後,車両用高速ディーゼルエンジンの発達につれて廃止。
→関連項目クリーンエネルギー自動車自動車蒸気自動車ダイムラー電気自動車

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ガソリン‐カー

〘名〙 (gasoline car) ガソリン機関を原動機とする鉄道車両。日本では大正一四年(一九二五)から用いられたが、のちにディーゼル‐カーにとって代わられた。
※杭州より南京(1924)〈小林秀雄〉「南京までは〈略〉ガソリン・カーが出てゐて、それだと七時間半ほどで行く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる